レクサスが電気自動車専用モデル「RZ」を発表!気になる性能や発売日は?

レクサスが電気自動車専用モデル「RZ」を発表!気になる性能や発売日は?

トヨタ自動車がレクサスをさらにEVモデル化にシフトしていくようです。

2021年12月に突如として発表した今後のEV施策には、レクサスのエンジン車である現行モデルのEV化が含まれていましたが、完全なる新作でのレクサスでのEV車の発表ということで、全ブランドのフルEV化に向けてすでに大きく動き出していることは想像に難くありません。

今回発表された新型バッテリーEV「RZ」は、電気自動車専用モデルとなっています。今回はその「RZ」について、気になる性能や発売日について詳しく見ていきましょう。

RZのコンセプト

レクサスの新型RZは電動化技術がもたらすレクサスらしい車をデザイン、走りの面で体現し、バッテリーEVを軸とするブランドへの変革の起点となるモデルと豪語しています。

つまり、レクサスは今後電気自動車モデルへ完全にシフトすると断言していると言っても過言ではありません。

また、このBZは主な特長とした以下3つのストロングポイントを挙げています。

電動化技術を活用した人の感性に寄り添ったレクサスならではの乗り味の進化
機能的本質やパフォーマンスに根差したプロポーションと独自性を追求したデザイン
移動体験をより豊かにする先進安全技術とおもてなし機能

電気自動車は独自の乗り味があり、エンジン車と異なる部分が多数ありますが、レクサスは高級ブランドであり、エンジン車でも非常に快適な乗り心地をしているため、電気自動車がそもそもエンジン車と比較しても気持ちの良い走りをしているのでそこで他社メーカーと違いを出すための並々ならぬ努力をしてきた上での満を持しての発表ということで、細部にまでこだわった仕様となっているようです。

それぞれの良さをひとつずつ見ていきましょう。

独自の電動化技術による乗り味の向上

独自の電動化技術による乗り味の向上

BZはドライバーの意図に沿った気持ちの良い走りを実現するため、新規開発した四輪駆動システムDIRECT4と、高出力モーターのeAxlewを搭載し、路面や走行状態を問わず、車の接地加重に応じて四輪の駆動力を常に緻密に制御しています。

また、新しいステアリングをレクサスで初めて導入し、操舵角を±150°に設定することで交差点やUターン、車庫入れなどの運転場面において、ステアリングを持ち替える必要のない操作を可能としています。

機能的な本質と独自性のあるデザイン

機能的な本質と独自性のあるデザイン

新型RZは、機能的本質や動的パフォーマンスに根差したプロポーションと独自性の追求「Seamless E-Motion」をコンセプトに、BEVならではのシームレスな加速感とトルクフルな躍動感を表現しています。

さらに、内燃機関のない電気自動車の機能的な必然性から、フロントデザインを「スピンドルボディ」という塊造形とすることで、LEXUSの独自性を表現することに挑戦しています。

インテリアでは、電気自動車の動力性能にインスピレーションを受け、クリーンで軽快なイメージを表現。機能的本質を追求したシンプルなしつらえの中にも、モノづくりの細やかさや上質さを感じられる空間を実現しています。

また、それぞれの乗員をもてなす空間づくりをベースに、クルマとドライバーが直感的につながり、より運転に集中できるコックピット思想「Tazuna Concept」も取り入れています。

クリーンで開放的なおもてなし空間

クリーンで開放的なおもてなし空間

レクサスで初となるダイヤル式のシフトノブをセンターコンソールに配置し、シンプルでクリーンなコックピットデザインを実現しています。

内部や外観にもこだわっており、ドアの開閉時に世界初となる陰影イルミネーションを搭載。モダンなカラーから華やかなカラーまで、その全てが電気自動車用に一新されています。

RZの性能

具体的な発売日はまだ決まっておらず、発表された車両の性能もプロトタイプのもので確定ではありませんが、現時点でレクサスHPに掲載されているRZの基本性能は以下となっています。

全長:4,805mm
全幅:1,895mm
全高:1,635mm
ホイールベース:2,850mm
タイヤサイズ:18/20inch
航続距離:約450km
電池容量:71.4km
出力:フロント150kW、リヤ80kW

気になる点があるとすれば、バッテリー容量の大きさの割に航続可能距離が短いことと、最大出力もそこまで大きくないということでしょうか。

ただ、発売中である日産のアリアと比較すると2WDから4WDまでのグレードが用意されているアリアとは違って、販売する全てのRZは基本的に4WDとなっています。

さて、気になる価格ですが、2022年5月段階では未だに未定となっており、今後の続報に注目ですね。

まとめ

レクサスが発表した完全なる新型電気自動車である「RZ」はいかがでしたでしょうか?

LEXUS初のBEV専用モデルとして、電動化技術がもたらすLEXUSらしいクルマをデザイン、走りの面で体現し、BEVを軸とするブランドへの変革の起点となるモデルにふさわしい出来だと思います。

発売日は2022年後半を予定しているようです。補助金を利用しての購入ももちろん可能なので、いよいよ本格参入となったトヨタグループの電気自動車の今後の動向は要チェックですね。

Follow me!